--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ちつける 白刃の海を越え

2011年11月24日 00:19

UCのep4を観てきましたー。わー。

20111121.jpg

大阪ステーションシティシネマで、舞台挨拶のある回を見てきました。
藤村さんかわいかった…内山君は結構不思議な人だった。
浪川さんは司会進行もかねてはったんですけど、なんか慣れた感じで貫録が。

福井さんはなんかマスコットみたいでなんか…なんだろうこのときめき。げっ歯類みたいだった。
あとリディちゃんのことを「これからどんどんキモイストーカーに…」って言った時は暴言過ぎてワロタ

リディちゃんはいわれてるほどクズじゃない…というか
あ、でも「お前がいなければ…!」とかめっちゃ心躍る。
主人公のせいと自分の弱さのせいで歪んじゃう子とかウフフ

いやまぁ確かに告白のタイミングは藤村さんも言ってたように「このタイミングで!?」って感じだったけども…
というか、全体的に原作を読んでいないと、心理描写が足りなくて唐突感は否めないっていうか。
しかし個人的にはリディちゃんよか、主人公のバナージが結構優等生主人公に感じてしまって。
好きではあるけど、物足りないかなぁ。
いい子なんだけど、なんだけども…

そういえば、↑の画像を撮る前に、ステーションビルから見える景色がすごくて周りを見渡していたら、真後ろを2回目の舞台あいさつに向かう浪川さんが、スタッフの方?と一緒に「すごい景色いいですねー」って言いながら通りすぎて二度見しまんた。
普通に移動しすぎなんやな。



原稿…が進むようで進まなくて…冬。
黒田が「かっこよく」描いた刹那ってのがイマイチつかめてないというか…うーん。
あんまりいうと、比較して何かをけなすっていうNOTエレガントな発言しかできなくなるようで、いえなくなっちゃうんですけども…
孤高のヒーローとは…

拍手ありがとうございました!
返信は追記から…
>>束さん

おひさしぶりです!先日は申し訳ない…またお時間ありましたらお話ししましょうねええ
CD・DVDはディスクや外装が工夫されていると楽しいですよねぇ~
あと紙ジャケもあれはあれで味があっていいですよねウヒヒ

最近急に冷えてきましたが、風邪などひかれませんよう~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。